PR
スポンサーリンク

日髙のり子の結婚相手は?赤楚衛二も大ファンだった!!

エンタメ
記事内に広告が含まれています。

日髙のり子さんは、「タッチ」の浅倉南や、「となりのトトロ」の草壁さつき「らんま1/2」の天童あかねなど知名度の高い作品に多く出演しています。また、パナソニックのETCの音声が日高のり子さんだ!という噂も。声優界ではレジェンド的な存在です。

声優として成功され、還暦を迎えられた日髙のり子さん。実は、若い頃はアイドルだったのです!!

また、日髙のり子さんが結婚しているのか?旦那やお子さんはいらっしゃるのが気になりました。

「日髙のり子の結婚相手は?赤楚衛二も大ファンだった!!」と題して、日髙のり子さんの若い頃や、家族構成などを調べました!

それではいってみましょう!

スポンサーリンク

日髙のり子は結婚している?

日髙のり子さんは自身が30歳になる年の1992年5月に2歳年下のディレクターと結婚しています。

https://norikohidaka.com/
スポンサーリンク

日髙のり子の結婚相手は?

日高のり子さんの旦那さんは、永井浩一さんです。

一般の方なので、画像などを検索しましたが出てきませんでした。イケメンなのか?など全く分かりませんが。

テレビ・ラジオ番組のプロデュース会社「有限会社ビックマウント」の代表取締役をしています。

BIG MOUNT (amebaownd.com)

京都のラジオ番組で一緒に働いていたのがきっかけだそうです。

日髙のり子さんの、ほっこりしたツイートから、穏やかな生活を送っているのだろうなぁと思います。

スポンサーリンク

日髙のり子には子供がいる?

公に情報を発表されていませんが、

「こうた君」という息子さんがいます。

私立大学付属中学校に通われて吹奏楽をしていた、今25歳ぐらいだと思います。

以前ベネッセの教育サイトで日髙さんがインタビューで答えていらっしゃいました。

スポンサーリンク

日髙のり子の若い頃のキャラがすごい!

小学生の頃から劇団に所属し、「女優さんになりたい」とう夢を持っていたという日髙のりこさん。

中学生にはNHKの『未来からの挑戦』という少年ドラマに出演すし

高校生には『バトルフィーバーJ』という特撮ドラマに出演していました。

そして、1980年に「初恋サンシャイン」という曲でアイドルデビュー。香川県の「仁尾太陽博」のキャンペーンガールをしていました。

芸名は、1日だけ「藍陽子」と名乗りましたが、馴染まずに。

日が高く昇るということから、日髙のり子になったそうです。

そのアイドル当時の画像がこちらです。

日高のり子(ひだかのりこ)ディスコグラフィ | Idol.ne.jp
https://norikohidaka.com/
https://norikohidaka.com/
https://norikohidaka.com/

とってもかわいいですよね!!

ふんわりと優しい雰囲気とクリっとした目がとてもかわいいです。

声優の仕事をはじめる前は、ダチョウ倶楽部と一緒に、

クマにかまれシカに蹴られウシにも蹴られるような崖っぷちアイドルでした。

そしてタレントとしての活動が増えていたという日髙のりこさん。

テレビ番組のリポーターやパーソナリティーなど引っ張りだこでした。

しかし、「女優になりたい!」という夢をもっていた、日髙のりこさん。

お芝居がしたいという気持ちが強かったせいもあり、声優の仕事は“演技として台詞がしゃべれる”ということで幸せだったそうです。

還暦を迎えた今も、とっても素敵ですよね!

声は、びっくりするほど若いですが、見た目も若いですよね。

最後に、簡単に日髙のり子さんのプロフィールも紹介しますね。

スポンサーリンク

日髙のり子プロフィール

本名:永井範子 (旧姓:伊東)

愛称:のんこ

生年月日:1962年 5月31日(60歳)

出身地:東京都千代田区

血液型:AB型

身長体重:157㎝ 46㎏

趣味特技:旅行 アロマテラピー サウナ 映画 演劇 コンサート鑑賞

sns:インスタグラム(@nonko_hidaka531) twitter(ID:nonko_hidaka531)

nonko_hidaka531
スポンサーリンク

まとめ

「日髙のり子の結婚相手は?旦那さんは?若い頃からかわいい!!」と題して、紹介していきました。

日髙のりこさんは、2歳年下のプロデュース業をしている永井浩一さんと結婚をしていました。

お子さんもいらっしゃいました。若い頃もかわいかったですが、今もとっても若々しい日髙のりこさん。

日髙さんの声って聞かない日がないくらい、いろんな番組やアニメで活躍されていることがわかりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ人物
スポンサーリンク
cotoをフォローする
コトの知りたいコト

コメント

タイトルとURLをコピーしました