PR
スポンサーリンク

光頭会(秋田)の活動と入会条件は?光頭相撲とは?ツル多はげます会との違いは?

エンタメ
記事内に広告が含まれています。

今回は「光頭会(秋田)の活動と参加条件は?光頭相撲とは?ツル多はげます会も調査!」と題して、秋田県の「光頭会」(読み方:こうとうかい)の活動と、入会条件や、光頭会の光頭相撲や吸盤綱引きと、ツル多はげます会との違いも調査していきます!

ニュースやテレビで見て、光頭会についてもっと知りたい!と思った方や、光頭相撲や、吸盤相撲に参加したい!とおもった、自慢のつるつるの頭をお持ちの方もいらっしゃったのではないでしょうか。

私も、参加は出来なくても、つるつるの光った頭は、なんだか縁起がよさそうですし、楽しそうなので実際にみてみたいです。

そこでまとめた内容はこちらです。

  • 光頭会(秋田)の活動は?
  • 光頭会(秋田)の入会条件は?
  • 光頭会(秋田)光頭相撲とは?
  • 光頭会(秋田)と「ツル多はげます会」の違いは?

それでは本題にいってみましょう!

スポンサーリンク

光頭会(秋田)の活動は?

「頭の輝きで明るい町をつくろう」と、「町の中もぴかぴかに」と環境美化活動などに取り組んでいます。

光頭会は、「髪の少なさを気にすることなく、明るい話題を提供したい」と旧雄物川町の有志が集まり、1991年に結成されました。

横手市役所

毎年、年初めに「おもの川光頭会」の番付編成会議を行い、光頭会議や、吸盤綱引きを行い、町を楽しく明るくしています

スポンサーリンク

光頭会(秋田)の入会条件は?

光頭会(秋田)の入会条件は、年齢性別問わずやる気さえあればOKで、随時会員を募集しているそうです。

「やる気さえあれば頭髪の有無は問わない。町外の人も歓迎!髪のことは気にせず、一緒に楽しもう。」と会長さんは話していました。

多い時には30名程だった会員も、現在は会員8人中7人が75歳以上だそうです。

全国各地から、会員は募集しているようなので、薄毛に悩んでいる方や、自慢の光る頭で世の中を明るく元気にしたい方は、是非問い合わせてみてください。

スポンサーリンク

光頭会(秋田)の光頭相撲とは?

『光頭相撲』とは、「光頭会」が「光る・明るい・ケガない(毛がない)」世の中にしようと、頭を突き合わせて頭の色つやの良さや形を競う競技です。

光頭相撲は、炭坑節に乗せた会歌『つるつる節』の合唱で開幕し、競技者は”光”の文字が入ったしこ名で呼び上げられ、行司の「ハッケヨイ残った!」の合図とともに、頭を覆っていた手ぬぐいをとりに、頭を突き合わせて頭の色つや・形を勝負します。

行司がペンライトや虫眼鏡を使って色つや・形などを総合的に判断し、判定を下すという流れになっています。

朝日新聞デジタル (asahi.com)

判定が下されると、会場が沸き、笑いで包まれます。

想像するだけで、なんだか気持ちが温かくなる競技ですよね。

薄毛を逆手に、どんなもんだ!とピカピカの頭を披露する。

そんな面白くて穏やかな競技、1度は会場に行ってみてみたいです。

月がでたでた月が出た~ヨイヨイ♪ やっぱり毛が無くてよかったね~サノヨイヨイ♪悩んだこともあったけど~ヨイヨイ♪ つるつる頭にニコニコ~ヨイヨイ♪心優しく力持ち 笑顔の町にふさわしく その名も我らの光頭会~ヨイヨイ♪

ABC秋田放送

毛がなくてよかった。そんな境地にたどり着いた光頭会の方々は、なんともポジティブで、勇気をもらえますよね。

炭坑節に乗せた会歌『つるつる節』の歌詞をみてみると、笑顔で、やさしくて力持ちの男性たちがいる雄川町に、行ってみたいなぁという気にもさせてくれます。

スポンサーリンク

光頭会(秋田)の吸盤綱引きとは?

吸盤綱引きとは、頭に吸盤をつけ、互いに綱を引っ張り合う競技です。

頭を磨き上げ、微妙に力加減を変えるなど、それぞれが作戦を駆使して競い合います。

取組後に頭に赤いあざができるほど激しい引き合いになることもあるそうですよ。

髪の毛がある方でも参加できるそうですが、勝ち目はなさそうですよね。

8人の光る頭で社会を明るく! – 横手かまくらFM (fmyokote.com)

2023年は、県外からの参加者もあり、三重県から特別参加した男性は、

「温かく迎えてもらいありがたかった。吸盤綱引きがこんなに痛いのかと初めて知った。頭の皮膚を引っ張られる経験はふだんの生活ではないので得がたい経験ができました」と話していました。

頭の皮膚を引っ張られる経験は、なかなかできないですよね。

どんな感じなんでしょうね。

もし、私の髪の毛が薄くなったら、頭を磨き上げて参加してみたいものです。

スポンサーリンク

光頭会(秋田)の光頭相撲・吸盤綱引きの開催日時と場所は?

光頭会(秋田)の光頭相撲・吸盤綱引きは、毎年、年初めの1月に開催される「おもの川光頭会」の番付編成会議の中で行われます。

つるつるの明るく光った頭が、縁起の良さを感じさせてくれますよね。

毎年、開催される場所は違うようですが、町の中の施設で行われているようですね。

2023年は、1月28日(土)に、同町の交流センターである温泉施設「雄川荘」にて開催されました。

2023年度は県内外から49歳から93歳までの10人が参加したそうです。

スポンサーリンク

光頭会とツル多はげます会の違いは?

「光頭会」と「ツル多はげます会」は、同じような活動を行っていますが、違いは次の通りです。

光頭会ツル多はげます会
設立平成3年平成元年
住所秋田県横手市雄川町青森県北津軽郡鶴田町
格付有志の団体NPO法人
会員約10名約80人超
会費なしあり
メディア少ない多数のTV番組に出演

ツル多はげます会は、山形や茨城に支部もあり、大きい団体で、活動も手広く行っている印象です。

メディオにも多く出演しているので知名度は高いですね。

一方、光頭会は、地元の有志数名で活動している、小さな会です。

しかし、自慢の光る頭で世の中を明るく元気にしようという、平和の活動をされている点は同じです。

秋田の光頭会は、全国各地のあかるい頭を誇りにしている団体の「ツル多はげます会」や、「飯田ハゲます会」などに参加を呼び掛け、2004年から「全国ひかりサミット」を開催し、もっと「頭の輝きで世の中を明るくしたい」と、各会の活動状況を報告し合う場を設けるなどして交流もしています。

これからも「光頭会」や「ツル多はげます会」の明るい話題に注目ですね!

まとめ

今回は「光頭会(秋田)の活動内容と参加条件は?光頭相撲とは?ツル多はげます会も調査!」と題して、秋田県の「光頭会」(読み方:こうとうかい)の活動内容と、入会条件や、光頭会の光頭相撲や吸盤綱引きと、ツル多はげます会との違いも紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

  • 光頭会(秋田)の活動は、町の清掃と、光頭相撲や吸盤綱引きで町楽しく明るくさせています。
  • 光頭会(秋田)の入会条件は、住まいや年齢性別問わずやる気さえあればOKのようです。
  • 光頭会(秋田)光頭相撲とは、頭を突き合わせて頭の色つやの良さや形を競う競技です。
  • 光頭会(秋田)と「ツル多はげます会」との違いは、NPOか有志団体かの違いや、会員数の違いなどがありました。

私も、参加は出来なくても、つるつるの光った頭は、なんだか縁起がよさそうですし、楽しそうなので機会があれば実際にみてみたいです。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
cotoをフォローする
コトの知りたいコト

コメント

タイトルとURLをコピーしました