PR
スポンサーリンク

目黒蓮の親は新潟のどこの出身?田んぼデートならここ!

人物
記事内に広告が含まれています。

この記事では「目黒蓮の親は新潟のどこの出身?田んぼデートならここ!」と題し、目黒蓮さんの親が新潟のどこに住んでいたのか?なぜ、田んぼデートなのか?に迫っていきたいと思います!

目黒蓮さんは新潟公演ツアーの際に「おじいちゃんが新潟の人で、親と一緒に1回だけ新潟のに遊びに来たことがある」と話していました。

Snow Manの目黒蓮さんのファンなら、目黒蓮さんのゆかりの地などを知りたくなりますよね。

また、映画の舞台挨拶では、初デートプランとして「田んぼを歩きたい」と明かしました。

田んぼデート?と思った方もいらっしゃると思いますが、新潟の田んぼデートができそうなスポットも気になりますよね。

そこで今回まとめた内容はこちらです。

  • 目黒蓮の親は新潟のどこの出身?
  • 目黒蓮と新潟で田んぼデートをならここ!3選!

それでは本題にいってみましょう!

スポンサーリンク

目黒蓮の親は新潟のどこの出身?

目黒蓮さんの両親がどこの出身だったのか調べましたが、残念ながら詳しい情報は見つかりませんでした。

一般の方なので、情報はないようです。

「新潟」はとても広く、新潟の総面積は、東京都の約6倍です。

目黒蓮さんは「小さい頃の記憶で、新潟に行ったことがあり、とてものどかでお米がおいしかった」と話していましたが新潟県全域が、のどかで、お米が美味しいので特定できませんでした。

また、新潟には「目黒」という苗字の人が沢山います。

新潟の中で「目黒」が多いのは新潟県長岡市に580名、新潟県三条市に550名です。

目黒蓮さんの祖父母さんやご両親のご出身は、新潟県長岡市新潟県三条市かもしれませんね。

また、分かり次第こちらに追記させていただきます。

スポンサーリンク

目黒蓮と新潟で田んぼデートをするならここ!3選!

田んぼというと、あまりデートにはむかないのでは?と思いますが、新潟には、田んぼの風景が美しく心を奪われるような絶景スポットがあります。

もしかしたら、目黒蓮さんの幼い頃の思い出に、この田んぼの原風景が残っているのかもしれませんね。

ここからは、新潟でも有名な美しい田んぼの風景を3つ紹介しますね。

越後平野の水鏡

https://niigata-kankou.or.jp/

越後平野の水鏡は、田植えが行われている期間限定で、稲が成長する前の今しか見られない景色です。(例年GW~5月末頃)

水をたたえた一面の田んぼが里山や空を映しだします。

日中は、日差しを受けて水面がキラキラと輝き、夕焼け時には一面が真っ赤に染まります。

この光景は、期間限定ですが、長岡から新潟・村上まで100kmを超える広大な平野で見ることが出来ます。

星峠の棚田

星峠の棚田は新潟県の豪雪地帯で知られる十日町市にあります。

田んぼに水がはいる時期限定の春~夏と晩秋に見られる「水鏡」は絶景です。

大小様々な水田約200枚がまるで魚の鱗のように斜面に広がり、 四季折々・朝昼晩と様々な顔を見ることができます。

気象条件が合えば静まりかえった早朝に雲海が発生することがあり、棚田と雲海が作り出す光景は幻想的で一生忘れられないでしょう。

【星峠の棚田】

新潟県十日町市峠1513

電車→ほくほく線「まつだい駅」下車 タクシーで約20分      
車→関越自動車道「六日町IC」より国道253号線を車で約1時間
北陸自動車道より「上越IC」より国道253号線を車で約1時間

山古志の棚田

山古志の棚田は、新潟県の長岡市の山奥の山古志地域にある、美しき日本の郷の原風景ともいわれる棚田です。

急峻な山の斜面に、階段のように連なる棚田は、まるで水田が空中に浮いているように見え、「天空の田んぼ」ともいわれています。

【山古志の棚田】
 〒947-0204新潟県長岡市山古志竹沢甲2835

電車→JR長岡駅下車、タクシーで約30分
 車→関越自動車道「小千谷IC」より車で約30分 ・関越自動車道「長岡南越路SIC」より車で約25分
 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「目黒蓮の親は新潟のどこの出身?田んぼデートならここ!」と題し、目黒蓮さんのゆかりの地が知りたく、親が新潟のどこに住んでいたのか?を紹介しました。

いかがだったでしょうか?

目黒蓮さんの親が新潟のどこの出身だったかの情報はみつかりませんでした。

新潟には、ロマンティックで幻想的な田んぼの風景があります。

目黒蓮さんも、それを知っていて「田んぼデートがしたい」と話していたのかもしれませんね。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物
スポンサーリンク
cotoをフォローする
コトの知りたいコト

コメント

タイトルとURLをコピーしました