PR
スポンサーリンク

1644の電話はどこから?掛けなおす?出た場合の対処方法も!

生活
記事内に広告が含まれています。

今回は「1644の電話はどこから?掛けなおす?出た場合の対処方法は?」と題して「1644」から始まる電話番号はどこからで、一体誰からなのか。出てしまった場合、どのように対処したらよいのかを紹介していきます。

+1644から始まる電話番号から不審な着信が急増し、「1644の電話はどこから?」と話題になっています。

着信にうっかり出てしまったかたもいるのではないでしょうか。

そこで今回まとめた内容はこちらです。

  • 1644の電話はどこから?
  • 1644の電話は掛けなおす?
  • 1644の電話に出てしまった場合は?

それでは本題にいってみましょう!

スポンサーリンク

1644の電話はどこから?

結論から言うと1644から始まる電話はNTTファイナンスを語る詐欺電話です。

内容は、NTTファイナンスを騙った未納料金に関する電話で、支払わないと法的処置をとるという内容です。

法的処置と言われると、ドキッとしますが、100%詐欺です。

「1644」の1はアメリカの国番号で、以下の644がアメリカ国内のどこからかの発信番号という感じのようで、アメリカからの国際電話の可能性があると指摘している人もいます。

1644からの電話の目的は、NTTファイナンスの名を騙って個人情報やお金をだまし取ることです。

オペレーターに繋がることが主な目的で、オペレーターに個人情報を聞き出すことが狙いです。

個人情報を聞いた上で、未納料金の支払い方法を指示する場合もあります。

この詐欺では、適当な個人情報であっても「確認が取れました」と言われます。

実際には確認など行っておらず、詐欺師は個人情報を聞き出し、お金を乗せることを目指しているのです。

スポンサーリンク

1644の電話がかかってきたのはなぜ?

なぜ自分の携帯番号に1644から始まる電話がかかってきたのでしょうか。

個人情報が漏れているのかということが気になりますよね。

国際電話詐欺では、基本的にランダムな電話番号にかけているため、自分の電話番号もランダムに選ばれたと考えられます。

一度でも出たり、留守電が残ってしまった場合は、詐欺業者の間で「使える番号」として出回る可能性があるので、不明な電話番号からの着信は出ないように気を付ける必要があります。

スポンサーリンク

1644の電話の対処方法は?

1644で始まる電話番号は国際電話番号ですが、着信履歴があった場合や、留守電がはいっていた場合、実際に出た場合はどうなるのでしょうか。

対処方法は以下の通りです。

1644から着信履歴があった場合

1644から始まる電話番号の着信履歴は絶対に掛けなおしてはいけません。

なぜかというと1644からの電話の目的は、NTTファイナンスの名を騙って個人情報やお金をだまし取ることです。

オペレーターに繋がることが主な目的で、オペレーターに個人情報を聞き出すことが狙いです。

個人情報を聞いた上で、未納料金の支払い方法を指示する場合もあります。

また、国際ワンギリ詐欺の可能性が考えられ、掛けなおすと、あとから高額な電話通話料が請求される可能性があるからです。

通話を長引かせると、三十秒当たり二百円前後の通話料が請求される可能性があるので要注意です。

1644から留守番電話があった場合

1644から始まる留守番電話は完全に無視をして何もせず、即ブロックしてください。

かけ直した場合は、自動音声が流れ、その後、人間のオペレーターに繋いだ場合は、名前や住所など本人確認を求められ、料金の支払い方法の案内が行われます。

コンビニでの支払いを求められることもあるので、要注意です!

また、かけ直した際に利用者が支払う電話料金の一部が犯罪グループに入るという仕組みも考えられるので、決して掛けなおさないでください

1644の電話にでてしまった場合

1644から始まる電話番号に、反射的に電話にでてしまったらどうなるの?と心配している方もいらっしゃるかと思います。

1644から始まる電話に出た場合は、このような流れで進んでいきます。

電話に出ると、以下の自動音声が流れます。

NTTファイナンスより重要なお知らせです。
現在ご利用の電話回線にて未納料金が発生しているため、法的措置へ移行します。
オペレーターへお繋ぎする場合は「1」を押して下さい。

自動音声ガイダンスで「1を押してください」と案内され、言われたとおりにに「1」を押すと人間のオペレーターに繋がります。

オペレーターからは、本人確認のために名前・住所・電話番号の個人情報を教えてくれと言われ、本人確認後、料金の支払いを案内されます。

相手が人間なので、電話を切りにくいとは思いますが、100%詐欺なので、個人情報は伝えずに強制的に電話を終了し、決して支払わないでください

もしも個人情報を伝えてしまった場合は、警察総合相談電話に相談しましょう。

「#9110」で通話できます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「1644の電話はどこから?掛けなおす?出た場合の対処方法も!」と題して「1644」から始まる電話番号から掛かってきた場合や着信履歴があった場合、どのように対処したらよいのかを紹介していきました。

いかがだったでしょうか?

1644から始まる電話番号からかかってきた場合、電話に出ないようにしましょう。

なぜなら、1644から始まる電話はNTTファイナンスを語る詐欺電話だからです。

もしも電話に出てしまった場合、すぐに電話を切りましょう。電話番号が悪用される可能性はありますが、個人情報やお金の要求はされません。

もしもオペレーターに繋がってしまった場合でも、絶対に個人情報を伝えないず、すぐに電話を切るようにしましょう。

もしも個人情報を伝えてしまった場合は、警察総合相談電話に相談しましょう。

「#9110」で通話できます。

1644だけでなく、不審な番号には、出ずに、かけ直さないといった注意が必要ですね。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
スポンサーリンク
cotoをフォローする
コトの知りたいコト

コメント

タイトルとURLをコピーしました