PR
スポンサーリンク

名探偵コナンの天才レストランの意味がわからない?ネタバレあらすじ紹介!

エンタメ
記事内に広告が含まれています。

今回は、「名探偵コナンの天才レストランの意味がわからない?ネタバレあらすじ紹介!と題して、名探偵コナンの天才レストランの内容の意味が分からないとはどういうことなのか、意味不明たところと、あらすじも紹介していきます!

人気アニメ・名探偵コナンで「天才レストラン」が、2023年7月8日(土)に放送されていました。

名探偵コナン1089話の「天才レストラン」の話の展開に、視聴者からは「意味がわからない」「夢オチなの?」とSNSでも話題になっていましたね!

Twitterでは「オムライスの死体」がトレンド入りし、過去最高のカオス回だったと話題を呼んでいました。

そこで今回まとめた内容がこちらです。

  • 名探偵コナンの天才レストランの意味がわからない?
  • 名探偵コナンの天才レストランの意味がわからない場所の見解!
  • 名探偵コナンの天才レストランのネタバレあらすじ紹介!

それでは本題にいってみましょう!

スポンサーリンク

名探偵コナンの天才レストランの意味がわからない?

名探偵コナンの天才レストランの意味がわからないという声がたくさんあがっているので見ていきましょう。

名探偵コナンの「天才レストラン」という回が謎すぎてよく分かりません。最後特性お子様ランチを食べに行こうとコナン君が言いますが、あの店は潰れたのではないのでしょうか?

Yahoo!知恵袋

名探偵コナン天才レストランの意味が分からなかったのですが、「オムライスの死体って僕のこと?」「いいや」「髪の長い高校生のこと?」「うむ」。なぜ蘭が関係あったのですか。

Yahoo!知恵袋

カオス回だとか、噂以上に意味が分からなかったという声が多くあがっていました。

でも、これだけ多くのひとに「?」を残し、カオス回として印象付けられたとしたら、脚本家の浦沢義雄さんの狙い通りではなかったとしても、逆に良かったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

名探偵コナンの天才レストランの意味が分からない場所の見解

名探偵コナンの天才レストランの意味が分からない理由は、「全て夢だった」ということが決定的な理由です。

最後、潰れて廃墟になったはずのレストランに、「特製お子様ランチを食べに行こう」とコナン君が言いますが、レストランが潰れたのは、コナンの夢の中の話なのです。

なので、実際は潰れていないということになりますね。

また、「オムライスの死体って僕のこと?」「いいや」「髪の長い高校生のこと?」「うむ」で、蘭と何か関係があるとしたら、蘭が死体だということをほのめかすことで、コナンをおびき寄せることが出来るとおもったからではないでしょうか。

最後は、なんに対しても思い上がってしまっていた自分のことを反省するというストーリーのようですが。

支離滅裂すぎで、ストーリーが分かった上で何度見返しても、結局意味がわかりませんでした。

要するに、名探偵コナンの天才レストランの回は意味の分からない回だったということになりますので、あまり深く考えない方かいいでしょう。

スポンサーリンク

名探偵コナンの天才レストランのネタバレあらすじ紹介!

名探偵コナンの天才レストランは、シュールで、ナンセンスで、スラップスティックなギャグ全開のシナリオをかくということで有名な浦沢義雄氏担当の回でした。

名探偵コナンの天才レストランのおおまかな、あらすじは次の通りです。

新装開店した駄菓子屋にやって来たコナンと少年探偵団(哀ちゃんを除く)は配られたすももに大喜びでした。

しかし、コナンだけは駄菓子に興味を示さず大人ぶった態度をとったところ、元太が腹を立てて口論になります。

そしてコナンは先に帰ってしまうのですが、 その帰り途中に「オムライスの死体を見た」というおかしな老人に廃墟の前へと連れて来られます。

そこは「聚楽大」というレストランの跡地で、3か月前、コナンと蘭が食事をしに来た場所でした。

「聚楽大」というレストランは天才料理人がつくる特製お子様ランチが評判の店だったので、 蘭はお子様ランチをコナンに勧めたのですが、コナンはお子様ランチは所詮お子様ランチだと批判し、オムライスを注文しました。

その会話を聴いていた店主は怒り狂ってしまうのです。

従業員たちに宥められ、その時は収束しました。

そんな3か月前の出来事を思い出したコナンは、このおかしな老人がレストランの店主であることに気付きます。

レストランの店主はコナンの失言のせいで料理の腕前が落ちてしまい、客足が遠のいてレストランが閉店してしまったと、コナンを責め、 復讐のためコナンの誘拐と監禁を計画したのです。

コナンは、レストランの店主や元従業員達にレストランの跡地に押し込まれ、監禁・暴行されそうになりました。

しかし隙を見て脱出し、犯人達を撃退します。

その後、コナンはお子様ランチを非難したことを反省し、今度、お子様ランチを食べにくると言い残して去りました。

そして、エンディングが明け、これまでのことが全て夢だったということが明らかになります。

駄菓子屋の前で元太達と合流したコナンは、今度は駄菓子を馬鹿にせずちゃんと食べ、今度お子様ランチを一緒に食べに行こうと元太達を誘いました。

以上です。

…とまぁ文章だけで見ると分かりやすいのですが、実際の描写・演出は狂気的でした。

支離滅裂なあらすじの上に、全てが夢だったというオチには、「????」でぽかーんとしてしまいますよね。

今回はその点が特に物議を醸しだしたようですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「名探偵コナンの天才レストランの意味がわからない?ネタバレあらすじ紹介!」と題して、名探偵コナンの天才レストランの内容の意味が分からないとはどういうことなのか、意味不明なところと、あらすじも紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

今回のコナンはは、シュールで、ナンセンスで、スラップスティックなギャグ全開のシナリオをかくということで有名な浦沢義雄氏担当の回でした。

コナンの天才レストランは、意味が分からないという方が多かったようですが、そのおかげで、気になって見逃し配信で見た方や、録画で何度か見直した方も多かったと思います。

謎で意味の分からない、伝説の回になったといえるでしょう。

このような回は、たまーにあるのですか、今回は史上最高に意味が分からない回でした。

また意味が分からない回がありましたら、調査していこうと思います。

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
cotoをフォローする
コトの知りたいコト

コメント

タイトルとURLをコピーしました