PR
スポンサーリンク

はじめしゃちょーの廃動物病院はどこ?病院名と所在地・口コミは?

エンタメ
記事内に広告が含まれています。

今回は「はじめしゃちょーの廃動物病院はどこ?ロケ地の病院名と所在地は?」と題して、YOUTUBEチャンネルで、はじめしゃちょーが心霊動画を配信したロケ地、廃動物病院の病院名と所在地、開業当時はどんな病院だったのかを調査していきます!

人気YouTuberはじめしゃちょーが、8月30日にやばい事件があった廃動物病院に泊まったら、心霊現象が多発した。というタイトルで動画を配信しました。

衝撃の映像に、ここはどこなのだろうと気になった方も多かったと思います。

そこで今回まとめた内容がこちらです。

  • はじめしゃちょーの廃動物病院はどこ?病院名は?
  • はじめしゃちょーの廃動物病院の所在地は?
  • はじめしゃちょーの廃動物病院の開業当時の口コミは?

それでは本題にいってみましょう!

スポンサーリンク

はじめしゃちょーの廃動物病院はどこ?病院名は?

はじめしゃちょーがロケをした廃動物病院名は「k-動物病院」です。

ですが、k-動物病院というのは、片桐さんがつけた通称で、もともとの病院名ではなさそうですね。

k-動物病院」は、片桐けん坊さんが代表を務める『暗夜-ANNYA 』が、廃墟などを購入し、イベントや、宿泊心霊施設ろして運営している場所の1つです。

k-動物病院」は、20:00~10:00まで、動物病院と住居部分の二棟借りをするシステムになっているようです。

料金は使用内容・人数によって前後するようですね。

予約状況を確認したところ、8月中旬から下旬にかけてほぼ満室状態。

9月も結構埋まってきています。

実際に泊まってみたい人が多いようですね。

はじめしゃちょーが動画を出したので心霊好きの人が泊まりに行く可能性が高いので、これから、もっと人気が高まることが予想されます。

電源は使用できますが、住居・病院の照明の使用は一切できず、必ずライトやランタンを持参していくということになっています。

駐車場もないようですので、あまり大勢でいくことは出来なそうですね。

行ってみたい方や泊まってみたい方は、こちらのサイトから直接予約をしてみるとよいかと思います。

スポンサーリンク

はじめしゃちょーの廃動物病院の所在地は?

はじめしゃちょーの廃動物病院K-動物病院の所在地については「四国」ということだけで、所在地は明らかになっていません。

こちらは、宿泊施設として貸し出しているので、予約した人のみが所在地を知ることができます。

直接オーナーさんと連絡を取り、料金設定や予約の日にちが確定し、承諾サインを書いた後、場所や鍵を教えてもらえるとのことです。

k-動物病院を使用する際の、絶対厳守事項として「 住所・場所を特定できる情報の公開などは絶対にやめてください。」と記載されています。

これは、不法侵入や騒音による近隣への迷惑・無断撮影を防止するためです。

心霊体験がしたい方は、こちらのサイトから直接予約をしてみるとよいかと思います。

スポンサーリンク

はじめしゃちょーの廃動物病院の開業当時の口コミは?

はじめしゃちょーがロケをした動物病院、開業当時はどんな病院だったのか気になって調べましたが、情報を見つけることができませんでした。

また、宿泊施設として泊まったのは、はじめしゃちょーが初めてだったということで現時点では実際に宿泊した方のクチコミを見つけることができませんでした。

何か新しい情報がありましたら追記させていただきます。

動画を拝見した中では、住居部分などに動物に関する書籍や、動物の骨などがたくさん置かれていたので、やはり動物好きなお医者様だったのではないかと考えられます。

また、住居部分はあまり整理されていなかったので、毎日が忙しく、家事をしてくれる方がいらっしゃらなかったのではないかと考えられます。

エアガンも多数置かれていたので、休日などはサバイバルゲームを楽しんでいらっしゃったのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「はじめしゃちょーの廃動物病院って?病院名と所在地・口コミは?」と題して紹介しました。

いかがだったでしょうか?

はじめしゃちょーがロケをした廃動物病院は、片桐けん坊さんが代表を務める『暗夜-ANNYA 』が購入した訳アリの廃動物病院で、通称「k‐動物病院」だという事がわかりました。

ここ最近に、何かしらの事故がおこったという訳あり物件だそうです。

廃動物病院の所在地は、四国ということしか分かっておらず、不法侵入者などを防ぐために公開されていませんでした。

しかし、宿泊施設として誰でも予約して使用することが可能なようですので、心霊好きな方、興味がある方はぜひ行ってみて下さい

今回は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ
スポンサーリンク
cotoをフォローする
コトの知りたいコト

コメント

タイトルとURLをコピーしました