PR
スポンサーリンク

ハンジロウ(元しゃもじ)は面白くない?ネタは?芸名を変えて急成長!

エンタメ
記事内に広告が含まれています。

2023年2月8日、お笑いコンクール「第5回 たけしが認めた若手芸人ビートたけし杯『お笑い日本一』」の本選が東京・浅草 東洋館で開催され、ハンジロウが優勝しました。

ハンジロウは、「しゃもじ」という芸名で2022年まで活動していました。

「ハンジロウ(元しゃもじ)は面白くない?!?ネタは?芸名を変えて急成長!」と題して、

ハンジロウのプロフィール、ネタは面白いのか? 芸名を変えた理由を紹介します!

スポンサーリンク

ハンジロウのプロフィール

マセキ芸能社所属 (ウッチャンナンチャン、出川哲郎、バカリズム、いとうあさこも所属)

2022年 NHK連ドラ「ちむどんどん」の居酒屋あまゆの常連客役として活躍。

マセキ芸能社

たーにー  (立ち位置:向かって左)

本名:砂川尚吾(すながわしょうご)

誕生日:1984年 12月27日 (38)

出身:沖縄県那覇市首里

血液型:A型

身長:175cm  体重:80㎏

趣味:相撲、料理、酒

特技:手を使わずにTシャツをぬぐ。どこでも眠れる。

祖父は映画カメラマンの仲沢半次郎。有名作品は1980年高倉健・吉永小百合の「動乱」

2021年に五反田に「マキオタニカリー」というカレー屋をオープン

しゅうごパーク  (立ち位置:向かって右)

本名:金城 秀吾(きんじょう しゅうご)

誕生日:1985年3月4日(37)

血液型:A型

身長:169㎝  体重:73㎏

趣味:読書

特技:鼻笛・バランスボール

スポンサーリンク

ハンジロウのネタは?

ビートたけしさんに、他のネタもみてみたいなぁと言わせた「ハンジロウ」

どんなネタをやっているのか紹介します。改名「ハンジロウ」になってから間もないため、「しゃもじ」で検索するとでてきますよ。

スポンサーリンク

「しゃもじ」から「ハンジロウ」に変えた理由

最初の「しゃもじ」というコンビ名は、2人が高校時代に「何も考えず軽いノリで適当に」つけたコンビ名だそう。

以前、「しゃもじ」というコンビ名は「人の10倍の苦労をしてやっと食えるようになるぐらい」といったことを占い師に言われ、その後も「良くない名前だ」と言われ続けたそうです。

2022年の『ちむどんどん』で共演した、片岡鶴太郎さんからも「適当につけた上、字画もダメな名前なら、本当によくない」と言われました。

それで改名を決意。

新コンビ名を考えていく中で、たーにーの祖父で、映画カメラマンで活躍していた仲沢半次郎の名が出て、しっくり来たので半次郎の名をもらうことに。

島田秀平さんに相談をしたところ、「ハンジロウとカタカナ表記にすれば“大大吉”」と言われ、「ハンジロウ」に決定したそうです。

スポンサーリンク

まとめ

ハンジロウ(元しゃもじ)は面白くない?ネタは?芸名を変えて急成長!と題して紹介してきました。

ハンジロウ(しゃもじ)は面白いことが分かりました!

「ハンジロウ」は2022年に「しゃもじ」から改名していました。改名したら急成長ですね。

「しゃもじ」時代にも「面白い!」というファンも多かったのに有名にならなかったのは名前のせいだったのかもしれませんね。五反田のカレー屋さん「マキオタニカリー」も美味しそうで気になります。

これからの「ハンジロウ」の活躍がたのしみです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
エンタメ人物
スポンサーリンク
cotoをフォローする
コトの知りたいコト

コメント

タイトルとURLをコピーしました